HOME > ご利用ガイド > よくある質問 Q&A

よくある質問 Q&A

商品別質問一覧

大判出力について

パネル加工した物を屋外で使用したいのですが、できますか?

価格表に記載しているパネルは屋内専用になります。屋外でご利用される場合は、アルミ複合板・ポリプロピレンなど耐候性のあるパネルをオススメします。詳しくはお問い合わせください。

発泡パネルの反りが心配なのですが、反らないパネルはありますか?

弊社で反りの発生しにくいパネル(パネル両面にアルミ箔加工されたもの)をご用意いたします。

オプションのアルミフレームはシルバー色ですか?

別のデザイン・色もご用意できます。お気軽にご相談ください。

ラミネートは3種類ありますが、それぞれどこが違うのですか?

PPラミネート ・・・雑誌や教科書の表面に使われるPP(ポリプロピレン)加工と同じ手法で、簡易表面加工になります。長期より短期にご利用なさる方向けのラミネート加工になります。
UVラミネート ・・・80ミクロンの塩ビ素材フィルムを利用し、屋外利用の際の紫外線から展示物を守ります。表面はグロスとつや消しタイプのマットをご用意しております。
両面テープラミネート ・・・用紙の表面に貼る特殊なラミネートです。どちらの面にも粘着材が付いており窓の内側から施工出来ます。
特に窓に貼る面は表面に薄い線が入っており、空気が抜けやすくなっているため簡単に貼ることができます。

マット紙・光沢紙・合成紙以外に、種類はありますか?

ございます。用途に応じて様々な用紙をご提案いたします。詳しくは種類一覧をご覧ください。

B0より大きいサイズのパネル加工はできませんか?

パネル規格で4×8判(1220×2420mm)が最大です。加工を考えると1200×2400mmが最大になります。

パネルを立てるためのスタンドはありますか?

紙スタンドがあります。サイズは10・13・19・24・28・45・53・70・105cmと等身大用のスチールスタンドがございます。

ラミネート加工

大判ラミネート加工の最大サイズはいくらですか?

PPラミネートは幅1m
UVラミネートは幅1.3m になります。

ラミネート加工は種類ありますが、それぞれどう違うのですか?

ラミネート加工 ・・・用紙の片面にフィルムを貼るタイプ(表面保護・紫外線保護)
ホットラミネート(パウチ)加工 ・・・両面に100ミクロンのフィルムを貼り用紙を中に閉じる手法です。その為、水・紫外線に強く屋外での使用も出来ます。また両面から挟み込むので周りに5mmほど、耳の部分ができます。

ホットラミネート加工の原稿に制限はありますか?

ホットラミネート加工は熱を利用するため、感熱紙など対応できない用紙がございます。また一度加工したものを再度利用することはできません。そのため一点もの加工はお断りしております。詳しくはお問い合わせください。
※加工は細心の注意を持って行いますが、万一の破傷に関しましては、責任を負いかねますのでご了承ください。その場合、同等品の加工を持って代償とさせていただきますので1割程度の予備の用紙をお持ちください。

木工パネル(ベニアパネル)加工について

木工パネル(ベニアパネル)とはどのようなものになるのですか?

角材で組んだ枠に薄いベニア板製のパネル板用紙を貼る方法です。発泡パネルより厚みもあり、より高級感をだすことができ、写真展や展示会等幅広くご利用いただくことができます。一般的に加工方法は水張りになりますが、インクジェット出力の場合は粘着剤の付いた用紙を使用し貼り付けます。

木工パネル(ベニアパネル)加工のパネルサイズは他にありますか?

弊社では、ご注文を受けてからパネルを作成いたしますので、価格表のサイズ以外でもお作りいたします。価格は別途お見積りいたします。

屋内用タペストリー加工について

タペストリーにはどのような種類がありますか?

PPバナー、ソフトクロス(ポン地)・防炎クロスの3種類になります。PPバナー(合成紙) タペストリー・バナー専用用紙、カールしにくい特性があります。
ソフトクロス ・・・ポン地と呼ばれるよくのぼりなどに使われている専用クロス、薄く発色がよいのが特徴です。
防炎クロス ・・・防炎加工を施した生地を使用しております。ソフトクロスよりも厚めで特殊加工を施しているため、インクの長期保存には向かないため、出し入れを多くする場合にはオススメしかねます。

スタンドはどのようなものがありますか?

Iバナースタンドになります。それ以外にも様々な種類のスタンドもございますのでお気軽にお尋ねください。

タペパイプはどのようなものがありますか?

樹脂製になります。それ以外にアルミ製のものなどもご用意できます。

タペストリーではなくのぼり(屋外使用)を作成できますか?

屋外用のぼりも作成いたします。

等身大パネルについて

作成期間はどのくらいかかりますか?

最短で5日で納品可能です。詳しくはご入稿後の流れをご参照ください。

等身大パネルはどのようなものが作成できますか?

基本的に屋内用になります。デジカメで撮った写真も利用可能です。枚数も何枚でも可能です。ただし全て手作りになり、制作時間がかかりますのでご注意ください。複数毎作成の場合はトムソン加工など、お客様に合った加工方法を提案させて頂きます。

屋外用の等身大パネルはありますか?

通常のパネルは屋内用になるため、屋外の場合は用紙・パネルを屋外使用に適した物をご提案いたします。

カルプ文字(切り文字)加工について

カルプ文字加工を屋外で利用できますか?

屋外で利用される場合は表面にアクリル加工をしたものをご利用いただけます。種類やサイズもいろいろとご用意しております。詳しくはお問い合わせください。

カルプ文字(切り文字)の取付はどのようにすればいいですか?

屋内用の物は20cm角程度であれば取付面にもよりますが両面テープで簡単に取り付けることができます。位置決め用の型(紙製)をご用意することも可能です。

マグネットシート加工について

車両用以外のマグネットシートはどのようなものがありますか?

屋内用としてご利用いただける厚さ0.25mmの直接印字できるタイプのものがございます。 また規格外でスチールペーパー(スチール箔)を使用して作成することも可能です。 詳しくはお問い合わせください。

フルカラーステッカーについて

メタルベースのシートに白い文字を使いたいのですが可能ですか?

弊社使用の出力機では、白インクの出力は出来ませんが 白ベースのシートを使い疑似ゴールドでの出力、カッティングシートを併用することでご希望に近づけることができます。